融資制度の導入と融資実行までのながれ

 
財形持家転貸融資制度の導入は、財形貯蓄制度とは別の手続きが必要となります。導入の手順がよく似ていますので、財形貯蓄制度と併せて手続きされることをお勧めしています。会社に財形持家転貸融資制度を導入するために踏むべき手順をフローチャートにまとめましたので、ご活用ください。
 

ご利用に関する条件をご確認ください

財形持家転貸融資制度の利用にはいくつかの条件があります。「融資の申し込みができる事業主・事業主団体」、「転貸を受けることのできる勤労者」、「資金の種類とその対象となる住宅・土地」などの要件をご確認の上、導入をご検討ください。

ご利用に関する条件について詳しく見てみる
 
  •  
  • 財形持家転貸融資制度導入の決定から融資実行までの一般的な流れ

財形持家転貸融資制度導入の決定から融資実行までの一般的な流れの図 住宅の建設資金の場合 住宅の建設資金の場合 新築住宅の購入資金の場合 新築住宅の購入資金の場合 中古住宅の購入資金の場合 中古住宅の購入資金の場合 住宅リフォームの資金の場合 住宅リフォームの資金の場合 福利厚生会社 融資の申し込み方法
  •  
  • 財形持家転貸融資 各ページへのリンク

 
 

融資返済シュミレーター

財形持家転貸融資をご利用いただいた際の毎月のご返済額等を試算することができます。融資の計画にご利用ください。
 
融資返済シュミレーターについて詳しく見てみる
 
 
手続き・導入について よくある質問 ご意見・ご質問
ページトップへ