財形持家転貸融資の制度詳細 返済期間・返済方法

  •  
  • 返済期間

  •  
  • 35年以内(リフォームは20年以内)

 
住宅の種類 住宅の基準 返済期間
新築及び新築住宅の購入 耐火、性能耐火(耐久性有)、高性能準耐火、準耐火、木造(耐久性) 35年以内
中古住宅の購入



リ・ユースプラス
マンション
維持管理、耐震性及び劣化状況に関する基準に適合する住宅 35年以内
リ・ユース
マンション
維持管理及び耐震性に関する基準に適合する住宅 25年以内




リ・ユースプラス
住宅
耐震性、劣化状況及び耐久性に関する基準に適合する住宅 35年以内
リ・ユース住宅 耐震性及び劣化状況に関する基準に適合する住宅 25年以内
住宅改良 全て 20年以内
申込年齢
45


46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70





35


35
34
33
32
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
18
17
16
15
14
13
12
11



25


25
24
23
22
21
20
19
18
17
16
15
14
13
12
11



20


20
19
18
17
16
15
14
13
12
11



  • 返済期間に関する注意事項
 
  • 完済時年齢の上限は80歳とします。また、70歳以上の方は申し込み出来ません。
  • 年齢は借入申込日現在のものとします。
  • 承継償還を利用する場合は、承継者の承継期間を合算し、上記の返済期間を適用します。
  • 返済期間は5年以上とし、5年を超えるときは1年きざみとします。リフォームについての返済期間は1年以上とし、1年きざみとします。
  •  
  • 返済方法

元利均等割賦返済または元金均等割賦返済で、それぞれ毎月払い、6カ月払い、毎月払いと6カ月払いの併用の方法があります。
  •  
  • 6ヵ月払い

 
1月と7月、2月と8月、3月と9月、4月と10月、5月と11月、6月と12月
なお、お借り入れ後、ご返済の途中で融資金の全部または一部を繰り上げて返済することができます。この手続きには手数料が別途必要となる場合があり、お客様のご負担となります。 また、離職、転職等を余儀なくされたことに伴い、前年度に比べて収入が減少し、返済が困難と認められる場合には、返済期間を延長するなどの返済方法の変更ができます。
融資の導入と実行までの流れ よくある質問 ご意見・ご質問
ページトップへ