• 財形トップ
  • [財形持家転貸融資]ご利用実例集

マイホームの夢、財形融資でかなえました。

  • ご利用事例集1
  • ご利用事例集2

築50年になる自宅立て替えを低金利がうれしい財形融資が支えてくれました

消費税引き上げを前に建て替えを決意

建物外観横浜市大倉山の閑静な住宅街にお住まいのOさんご一家。大工だったお父様が建てた築50年の自宅を、平成26年の春に建て替えました。工事を請け負ったのは、工務店を営む弟さんです。3階建ての新居は、1階を弟さんが倉庫として使い、2階3階にOさんご一家がお住まいです。

Oさんのご家族は、お母様と大学生の娘さんが2人。16年前からご実家でご両親と一緒に暮らしはじめました。10年前に、お父様が他界。弟さんはすでに結婚して近くに居を構えていたので、女ばかり3世代4人の生活が始まりました。

愛着のある自宅の建て替え話が持ち上がったのは、国会で消費税引き上げが本格的に議論されはじめた頃のことです。
「自宅を建て替えるなんて全く考えていなかったのですが、ちょうど消費税が8%に上がる話が出てきて、増税前に建て直したらどうかと、この家の長男である弟が強く勧めてくれたのが大きかったですね」
思いがけない弟さんからの提案に、背中を押されたとOさんは言います。ニュースでは、住宅をはじめ増税前の駆け込み需要が報じられていました。

「まだまだ十分に住める家ではありましたが、50年前の建物ですから耐震性には不安がありました。成長した娘たちの個室もありませんでしたし。頭金は母に頼り、残額は私が財形融資を受けて、建て替えをすることに決めたのです」

一般財形貯蓄でも使える財形融資

一般財形貯蓄でも使える財形融資Oさんは現在、東京都内にあるゲームメーカーで役員秘書をされています。勤続16年になりますが、財形貯蓄に加入したのは意外にも6年前とのこと。
「会社に財形貯蓄制度はありましたが、入社当初は経済的余裕がなかったので、定期的な貯蓄は難しいと考え、加入は見送りました。けれど、周りの同僚たちは当たり前のように財形貯蓄をしているのを見て、私も余裕ができたところで、月々5万円ずつ積み立てることにしたのです」

財形貯蓄には、一般財形・住宅財形・年金財形の3種類があります。一般財形はどんな用途にもフレキシブルに使える万能型の貯蓄。一方、住宅財形と年金財形は、目的の用途に使えば550万円まで利子非課税の特典が受けられます。
「あらかじめ、マイホームの取得予定がある同僚は、住宅財形を選んでいる人が多いようですよ。私の場合、財形貯蓄を始めた頃は家の建て替えなど考えていませんでしたから、住宅財形ではなくて、何にでも自由に使える一般財形を選びました」

住宅財形はおもに住宅購入の頭金などとして使うための貯蓄ですが、「財形持家転貸融資」は住宅財形に限らず、いずれかの財形貯蓄を1年以上継続し、50万円以上の残高があれば利用できます。Oさんは自分が加入している一般財形が借入の候補となることを知り、他の金融機関と金利等を比較検討。当時、0.85%の利率は他と比べて低金利だったことから、財形融資に決めました。財形融資は申込時の金利で融資が受けられるため、融資実行時までの金利変動による資金繰りの見直し不安はありません。勤労者退職金共済機構の公的融資であるということも、大きな安心になりました。

「一般財形でも財形融資が受けられることを知ったときには、大変ありがたいと思いました。こういう形で自分の財形貯蓄が活用できて、とてもうれしかったですね」

満足度の高い福利厚生会社の対応

公的融資であるということ、低利であったということに加え、財形融資に決めてよかったと思える理由が、もう一つある――とOさんは言います。今回、借入の窓口となった福利厚生会社、財形住宅金融(株)の丁寧な対応です。

福利厚生会社とは、勤務先会社が出資を行い、社員が財形融資を利用する際に勤務先に代わってその取次を行う会社。現在、財形住宅金融(株)が福利厚生会社として登録され、日本各地で定期的にセミナーや相談会を催しているほか、さまざま福利厚生サービスを提供しています。

Oさんも財形融資を検討しはじめたとき、このセミナーの案内が社内で回り、ぜひ一度、話を聞いてみたいと思いました。セミナーには仕事の都合で参加できなかったため、直接オフィスに出向くことに。そこで初めて対面した担当者の説明が大変丁寧で、お任せすることにしたそうです。この担当者が、このあとも一貫してOさんのサポートをしてくれました。

「私の場合、初めて相談に伺ってから工事が始まるまで少し時間があったのですが、折々にご連絡をくださり、いろいろと相談にのっていただいて、とても頼もしい存在でした。複雑でわかりにくい手続きに不安と疑問が募るなか、一つ一つ丁寧に、そしてとても親切に接してくれました」
そうした手厚いフォローも、Oさんの満足度に大きくつながっているようです。公的融資ならではの安心感だけでなく、人が築き上げた信頼という安心感もまた、財形融資の大きな魅力なのかもしれません。

リフォーム融資でも新築・購入と同じ利率を適用

ページトップへ